« February 2005 | Main | April 2005 »

March 31, 2005

フリーター・ニート…親の責任

前回に続いてフリーター、ニートの話。

そいえば1990年頃から、「個性」という言葉が急に普及しだしたように思う。

自分の個性を大切に…
たったひとつの人生なんだから…
自分が好きなように生きようよ。
自分のやりたいことをしようよ。

たしか、そんなようなフレーズを90年代によく聞いた気がする(今もそうだけど(^^;)。
親も学校の先生もマスコミも、そんな感じで子供たちと接してきたんじゃないかな。
今の20代前半までの子達って、その頃小学校に入学したばかりか、入学する前だったんだ。

学生の親と話をすると「本人がやりたいことをやらせてあげたい」っていうんだよね。
そりゃ、親として子供にやりたいことをやらせてあげたいって思うのは当然のことだと思うよ。
でもね。子供が社会に出る年になってまで、親の願望を言っててどうすんだろ?
…そう思うときがあるよ。

親だったらわかっているはずでしょ?
もう何十年って、社会で働いているんだから。
社会って、フリーターだったり、ぷーしているような子をまともに受け入れてくれないってこと。
そして、そんな子が年取ってから、「ちゃんとまともに働く」って言っても採用してくれる会社なんてないってことを。
だって、自分の働いている会社でそんな子を採用してくれるか考えたらわかるでしょうに…
そして、そんな子を採用してくれる会社って、どんな会社か知っているだろうに…

そして、そのことを学生の親に話すと…
学親「もう本人も大人ですから…」
…とか
学親「本人がそれでいいっていうなら…」
…っていうんだ。
んで、そういうことを学生と話しているかと聞くと…
学親「話したことはない」
…とか
学親「本人に聞いたわけではない」
…っていうんだ。

そいえば、以前、笑ったことがあってさぁ。
ある学生の親が某中堅企業の人事部長だったんだ。
その学生は今風の金髪・ロングヘアー・大きなピアスをしている。そして就職したくないっていう。
それでその親(人事部長さん(苦笑))と学生の進路の話をしたときに…

学親「(今はフリーターになっても)まぁ、なんとかなるでしょ」
…って言うから…
僕「では、お父さんは息子さんを採用しますか?フリーターだった子を採用しますか?」
…って聞いたら…
学親「うちの会社はそんな子は絶対採用しませんよ」
…って言うんだよね。

採用担当者のあんたが絶対採用しない子が、なんで他の会社で採用してもらえるって思うんだろう。
勝手な親だよねぇ。

結局、親が責任放棄しているんだよね。
フリーターっていうのは社会にも問題があると思うけど、親の責任の方が大きいと思う。
社会に出すまでは親の責任だと思うんだけど…

| | Comments (29) | TrackBack (1)

March 30, 2005

考えていないフリーターやニート

なんで最近の子って、フリーターになるんだろう。
たとえば、お笑いとか芸能界、また何か将来への準備期間で、一時的にフリーターをしているのならわかるんだけどね。
テレビを見ていても、お笑いの人たちって売れるまでは、ほとんどフリーターみたいだし。
だから、フリーターの人たちを全部否定するつもりはないけれど、「将来はフリーターをやめて定職につきたい 67.5%(内、73.6%が正社員として働くことを希望)」。
そして、フリーターをしている理由が「アルバイトの方が働く時間を自由に決められるから 47.1%」、「自分に合う仕事が見つけたいので、それまではアルバイト 37.7%」、「仕事以外にしたいことがあり、両立しやすい働き方である 32.5%」。
んで、仕事以外にやりたいことが「趣味 58.0%」、「資格 32.0%」、「旅行 27.0%」だって。
----------
アルバイターの就労等に関する調査(リクルート・ワークス研究所)
----------
この結果を見てもそうだけど、将来を考えた行動をしていないフリーターはこれからどうするんだろう。

フリーターが就職活動をする場合、新卒扱いではなく、中途扱いで採用試験を受けることになる。
だから、新卒採用と違って、それまでの働いていた経験や実績を重視した採用試験になるんだけど…
もちろん、フリーターといっても派遣会社できちんと将来を目指して、そのための仕事をしているのなら採用試験も大丈夫だと思う。
でも、アルバイトやパートをしているフリーターは、定職に付くのは難しいんじゃないかなぁ。
アルバイトやパートは基本的に就職時の経験には含まれないことがほとんどだから。

んじゃ、今はアルバイトやパートで、「いずれ派遣会社で働くよ」っていっても、派遣会社だって年齢制限があったような気がした。
35歳とかって聞いたことがあるけど。
「なんだ。35歳までは大丈夫なんだ(^^)」って言っても、年齢が上がれば今度は派遣先がないからねぇ。
もちろん、それまでに十分な実績を積んで、あちこちから「延長して」とか、声がかかるくらいであれば年齢が高くても派遣先はいくらでもあるだろうけどさ。
でも、そんな人は働こうと思ったら、いつでも正社員で働ける人でしょ?
いずれ正社員で働きたくて派遣会社で働こうかと思っている人で、年齢が30に近い人はヤバイと思うよ。
こういう話って、彼らは知っているんだろうか。

| | Comments (75) | TrackBack (0)

March 28, 2005

フリーターの実態

最近、ニート(NEET(Not in Employment, Education or Training))が話題になって、フリーターが話題から遠のいているようだけど、フリーターの問題はもう済んじゃったのかなぁ。
たしかに就業形態が多様化して、フリーターってのも、ひとつの就業形態みたいな声も聞こえるけど。
僕自身、18歳から25歳くらいまでの若者と企業側の両方と接する機会が多いことから非常に気になる。
そこで、今回はフリーターについて考えてみよっと(^^)

フリーターって言葉は、16年ほど前に元フロム・エー編集長の道下裕史さんが名付けたらしい。
http://www.works-i.com/special/freeter.html
その道下さんによると…
「就職環境が良かったのに就職しない若者が登場してきたわけです。ただし、この人達にも2つのタイプがいました。一方は、マスコミなど難関志望者や作家・カメラマンなどのフリーランサー、あえてそういうところを志す明確な夢を持って努力もしている層と、必ずしも具体的な努力をしていないで、バイト・アルバイトをしている層とに分かれていたのです。後者は、今フリーターの多くを占めているといわれている、「やりたいこと」が見つからない人たちですね。フロム・エーとしては、前者の明確な夢と意思を持って努力する若者たちだけを応援したかったのです」
…というように、元々は『明確な夢を持って努力している人』を指していたようです。

では、現在フリーターはどのように定義されているかっていうと…
-----------
「国民生活白書」のフリーターの定義
「学生、主婦を除く若年(15~34歳)のうち、パート・アルバイト(派遣等を含む)及び働く意志のある無職の人」
-----------
「平成12年版労働白書」の定義
15~34歳までの『パート』または『アルバイト』での雇用者で、男性については継続就業年数が1~5年未満の者、もしくは家事や通学もしておらず、「パート・アルバイト」の仕事を希望する者(女性については未婚のもの)」
-----------
…ということのようです。

んでは、フリーターはどうしてフリーターになるのでしょうか。
独立行政法人 労働政策研究・研修機構の2000年の調査では、「モラトリアム型」、「夢追求型」、「やむを得ず型」の3つに類型化しています(首都圏フリーターの意識と実態に関するヒアリング,2000年)。ちなみに「モラトリアム型」というのは、『自己形成の状態にとどまり、既成の大人社会に同化できないでいる人』を指します。
-----------
○モラトリアム型
・離学モラトリアム型:
高校、専門学校、大学からの中退者、大学受験失敗・進学断念者、進路未定のままの高卒者・大卒者などが含まれる。
・離職モラトリアム型
高卒・短大卒・大卒後、数ヶ月から2年程度の正社員経験を経て離職し、フリーターとなった者。離職理由は労働条件や人間関係。彼らの正社員経験の印象はあまり良いものではなく、離職時に正規雇用を強く志向してはいない。

○夢追求型
・芸能志向型
バンドの練習、オーディション応募、養成機関所属など、何らかの関連活動を行っているが、夢への接近度は様々。
・職人・フリーランス志向型
経験を通した技能・技術の蓄積が要求される。関連するアルバイトを行ったり、仕事を請け負ったり、自ら作品を売り込んだりして、市場への参入を図っている。

○やむを得ず型
・正規雇用志向型
公務員など特定の職業への参入機会を待っている者、離職したが正規雇用を志向している者、就職活動に失敗した者、派遣を志向した者が含まれる。企業の採用活動がもっと積極的に行われていれば、あるいは特定の職業に関する労働市場の需給状況がもう少し緩んでいれば、このタイプの者のほとんどはフリーターとはならなかったと考えられる。
・期間限定型
進路変更による専門学校への入学時期待ち、次の入学時期までの学費稼ぎ、ワーキングホリデーのための費用稼ぎなどが含まれる。
・プライベート・トラブル型
トラブルにより学校を離れた当初の将来展望ははっきりしておらず、その意味では「1.モラトリアム型」と共通。
-----------

さて本題のフリーターの意識についてです。
リクルート・ワークス研究所の調査によると、フリーターをしている人で今後もフリーターを続けたいとは思っている人は6.5%だったそうです。
また、独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査では「フリーターを一生続ける 1.0%」という結果が出ています。
そして、「将来はフリーターをやめて定職につきたい 67.5%(内、73.6%が正社員として働くことを希望)」だそうです。
-----------
アルバイターの就労等に関する調査<2000年6月>-フリーターの意識・働き方の実態について-(リクルート・ワークス研究所)
「首都圏フリーターの意識と実態に関するヒアリング(2000年)
-----------
ちなみに以下にフリーターの意識のいくつかの調査結果を載せます。
-----------
月収(独立行政法人 労働政策研究・研修機構)
http://www.jil.go.jp/happyou/20000713_01_jil/20000713_01_jil_hyou10.html

男女別の類型分布(独立行政法人 労働政策研究・研修機構)
http://www.jil.go.jp/happyou/20000713_01_jil/20000713_01_jil_hyou6.html

学歴別の類型分類(独立行政法人 労働政策研究・研修機構)
http://www.jil.go.jp/happyou/20000713_01_jil/20000713_01_jil_hyou7.html

同別居と生活費負担(独立行政法人 労働政策研究・研修機構)
http://www.jil.go.jp/happyou/20000713_01_jil/20000713_01_jil_hyou11.html

-----------
だいたい、月収は13万円のようですね。

次回からこれらの結果に対して、いくつか考察をしてみます。

| | Comments (28) | TrackBack (0)

March 25, 2005

羽田つぐみちゃんを捜索しているブログ

家出をしたお子さんを探しているブログだそうです。
このような利用をするブログを見るのは初めてです。
早く見つかればいいですね。

ここにアクセスした方は、ぜひ以下のサイトにアクセスして協力してあげてください。
よろしくお願いしますm(_ _)m

見つかったらしいですね。
よかったですね(^^)(3/30)

---------
つぐみ、どこにいるの?
小学生の娘が行方不明になりました。どんな些細なことでもいい、手がかりが欲しい母のblogです
http://blog.livedoor.jp/haneda2/

---------

| | Comments (18) | TrackBack (0)

[迷惑メール]東京LS事務局…その後

前回(3/10?)の迷惑メールのその後です。
実はその後も、ここからのメールは届いています。

もう頭に来たので、迷惑メールの件を関係機関にメールしました。
もし、同様のメールで頭に来ている人がいたら、今日のブログの一番下に迷惑メールの報告先が記述しています。
私のように報告するといいと思います。

3月10日頃から以下の文面で届き始め、その後、ドメインを毎回変更することにより(ドメインとはメールアドレスの「@」の後ろ)、迷惑メールの登録から逃れようとしている悪質なサイトです(「info@qsvXX.com」…XXのところは数字が入ります)。

ここから===========================
件名: ご安心して下さい!

昨今、無料とうたい詐欺まがいのサイトが多いですが新しく完全無料で安心の掲示板を作りました。趣味の友達から彼氏・彼女探しにどうですか?一度お試し下さい。携帯・PCが使えます。只今、無料会員大大募集中です。

楽しく使って無料です!

★東京ラブストーリー http://loves.qsv20.com/

《ご注意》18歳未満の方や援助交際などの利用や投稿は一切出来ません。
《当サイトから》請求や催促のメールはありません。もしあっても当サイトではありません。無視するようお願いします。
《もし問題が》ありましたら申し訳ありませんがサイトの”問合せ”から管理者までお願い致します。

東京LS事務局
-------------------------
-------------------------
東京限定でオープンして好評だった無料掲示板サイト”東京ラブストーリー”が全国版にてリニューアルオープンしました。相手のアドレス見放題で完全な無料。今まで楽しめなかった方、怪しいサイトやさくらばかりでお嘆きのあなたに・・・。芸能人やAV女優など関連の業界から広告宣伝しています。みんなで捜してみてね。あっと
ビックリ玉手箱!男性・女性も完全無料です。

東京ラブストーリー(PC・携帯両対応)
http://loves.qsv20.com/

《ご注意》18歳未満の方や援助交際などの利用や投稿は一切出来ません。
===========================ここまで


そして、先週あたりからは僕になりすまして(僕のメールアドレスを送信元に使用して)、以下のメールを送りつけてきた。


ここから==================
貴方にポイント一年分が当選しました。
無制限使い放題ですので、幾らでもご利用下さい
http://220.110.136.34/?1015
==================
♪ちょっとエッチな画像の投稿&閲覧OK
♪相手の顔がわかるので待合せも安心
♪番組外でアドレス交換自由
♪男女共永久に完全無料です。
http://220.110.136.34/?ni

今後、拒否する場合は下記URLに返信願います。
csvbit7q8a9z@ok.kz
==================
かならず出会える☆完全無料なので安心して遊べます。よかったらお試し下さい。http://220.110.136.34/?1025
==================
完全無料推奨サイト
http://awg.qsv20.com/?1022
相性検索でお互いの好みにあった女性がすぐに見つかります。
サイト内迷惑メール安全保障
==================
☆男女共完全無料でお楽しみ頂けます。
☆画像投稿で好みの子を選んでアポを取ってね♪
☆アドレス交換は当人同士で責任を持ってお願いします。
http://awg.qsv20.com/?ni

受信拒否”希望の方は下記までお願いします。
csvbit7q8a9z@ok.kz
==================
貴方にポイント一年分が当選しました。
無制限使い放題ですので、幾らでもご利用下さい
http://awg.qsv20.com/?1015
==================
完全無料推奨サイト
http://awg.qsv20.com/?1022
相性検索でお互いの好みにあった女性がすぐに見つかります。
==================ここまで


このようなことから、迷惑メールを届け出る機関を探しました。
結果、2つの機関があることがわかりました。

財団法人 日本産業協会(http://www.nissankyo.or.jp/)
財団法人 日本データ通信協会(http://www.dekyo.or.jp/)

…しかし!
なんだろうねぇ…(--;
日本データ通信協会の方は電話で相談を受け付けるとのこと。
メールの苦情なんだから、相談する人はメールを出せる環境にあるはず。
それなのにメールはダメ、電話で…なんて、お役所仕事だよね。ばっかみたい(ーー;)

日本産業協会の方はメールで受付していました。
------
表示義務違反メールの情報提供について
http://www.nissankyo.or.jp/tpc/tp108.html

------
メールを送ってみましたが、さてさてどういう対応をしてくれるのか。
もし今後、新たな展開があれば、またブログで紹介しますね。

上記ページに受付メールアドレスが記載されていますので、僕と同じようにお困りの方は利用してみてください(^^)



<参考>
迷惑メール(spam)撲滅指摘調査会(高崎作成)
http://www2g.biglobe.ne.jp/~stakasa/spam-j.html

※個人サイトですが、大変、丁寧で詳しいサイトでした(*^_^*)>ありがと

| | Comments (57) | TrackBack (1)

March 24, 2005

フリーター、ニートの実際値を求めよう(^O^)/

新聞によると内閣府は22日、15歳から34歳のうち、「ニート(NEET(Not in Employment, Education or Training))」と呼ばれる若者が約85万人に上るとの調査結果を発表した。
「ニート」とは、教育(学校)を受けておらず、労働もせず、だからといって働くために何かを勉強しているわけでもない人たちのことである。
これは総務省が平成14年に実施した就業構造基本調査のデータを基にしているらしい。

この85万人という数字だが、どうも俺的には納得がいかない。
ニートなのかフリーターなのかはどうでもいいが、厚生労働省の発表している数字は少なすぎるように感じている。
もちろん、厚生労働省が嘘をついているとは言わないが、数字のマジックのような気がしてならない。
そこで暇つぶしにf^^;、今回の調査のもとにした就業構造基本調査をもとに自分なりに分析してみた。

これを見てみると総人口は、34,023,100人(15歳から34歳まで)
男性:17,269,900人
女性:16,753,300人
…である。

有業者(仕事を持っているもの)は、21,053,000人(15歳から34歳まで)
男性:11,966,600人
女性:9,086,700人
…である。

この二つの項目から見てみると就業率は、61.88%
男性:69.30%
女性:54.24%

…あら!? こんなに少ないか??
あっ、学生を失業者に入れちゃったんだ(^O^;
学生を除かなきゃね(笑)

学生数は、7,605,300人(15歳から34歳まで)
男性:4,064,000人
女性:3,541,400人

学生を除いた就業者の状況を知りたいので、学生を除いた総人口は、26,417,800人
男性:13,205,900人
女性:13,211,900人

これで就業率を計算して見ると、79.69%
男性:90.62%
女性:68.78%

あら……やっぱり、だいたい国が発表している数字って正しいのかなぁ…
(発表している失業率よりかはかなり多いけどね(--;)
これから見るとこの年代の男性の失業者って、10.32%なんだねぇ。
ん!?
なんだ?この数字は!?
有業者のところに「仕事が主な者」と「仕事が従な者」ってのがあるぞ!?
学生じゃない人で「仕事が従」ってのはなんなのさ。
「定職を持っていない者」ってのと同じ意味じゃないのか?
(まぁ、主婦のみなさんは「仕事が従」でしょうけど(^^;)

…ということで学生を除いた者のなかで、「仕事が主な者」がどれくらいいるのか計算してみる
(だって、普通に考えたら学生が終わったら、仕事が主になるでしょ。学生が終わって仕事が従ってのは、結局フリーターってことじゃん(^O^))

有業者の中で「仕事が主な者」は、18,229,400人(15歳から34歳まで)
男性:11,121,300人
女性:7,108,200人
…である。

んで、就業率を計算してみると、69.00%
男性:84.21%
女性:53.80%

ちょっと、女性は正確じゃないよなぁ…(-o-;
これじゃ、専業主婦どころか、パートしている主婦もすべて失業している人みたいな扱いになっちゃうから。
でも、男性はこれでほぼいいんじゃないだろうか。
主夫ってのも聞いたことがあるけど、誤差で片付けられる(全体の1%もいないだろうから)だろうし。

これで見ると男性の就業率って、84%ってことじゃないの!?
こっちの方が感覚的にあっているように思う。
俺の考え方が古いのかもしれないけど、俺的なフリーター、ニートの定義は「学生ではなく、仕事を主としていない者」なんだよね。
たぶん、俺と同じ考え方の人って多いと思うんだけど。

ちなみに、この計算によると…
15歳から19歳の就業率は、38.08%
男性:42.19%
女性:33.89%

20歳から24歳の就業率は、70.34%
男性:72.67%
女性:68.13%
…です。

15歳から19歳の就業率…これは高卒までの若者の就業率
20歳から24歳の就業率…これは大卒を含めた若者の就業率
…なんじゃないかな。

これが現実という結論に達しました<(_ _)>

| | Comments (32) | TrackBack (1)

March 19, 2005

ライブドアvsフジテレビ--マスメディアって…

FNSの27社、フジとニッポン放送全面支援を表明(読売新聞)の記事を見た。
なんかすごい違和感。

「法の不備をついた強引な手法であり、強い憤りを覚える」

…というのなら、責めるのはそういう不備をそのままにしていた行政側に対してでは?
だって以前から、そんなこと指摘されていたことだよ。

「放送事業者の高い倫理観と価値観が、放送事業の公共性を支えるものであり、ライブドアの一連の言動に接するとき、そのような高い倫理と価値観が保有されているかは甚だ疑問」

…他の業界には『高い倫理観と価値観』は必要ないのでしょうか?f^^;

「ライブドアの実態は金融会社であり、M&Aを生業としているような会社。他社より優れたIT技術はなく、独創的なアイデアもない。そんな会社と組んでもメリットがないどころか、悪影響の方が大きい」

…これは…これはそうかもしれない(^O^)
別に優れたIT技術はないと思ふ(笑)

でもね。
こんな事態になってから文句を言うなんて、後出しじゃんけんと一緒だよ。
上場していたんだから、そんなリスクだってあるさ。
資本主義社会なんだから。
金だけ市場からかき集めて、経営権は手放したくないなんて、ただの駄々っ子でそ?
それに従業員連中がいちいち経営に口を出すな!(笑)
前にも書いたけど、フジテレビ側の経営者も都合のいいときだけ、「働いている人たちがこういっている」なんて卑怯だ。
経営者連中は、いつも組合側に「トップ判断だ」「経営のことは君たちの口にすることではない」というくせに。

あと…
テレビの報道番組を見ていると、「中で働いている人たちの気持ち…」とか「モチベーション」とか「感情」って話が出てくる。
でも、他の業界で買収話が出ても「働いている人たちの気持ち…」なんて言葉をあの連中から聞いたことがない。
自分たちに影響が出そうだとそういうんだよね。
放送局はモチベーションが必要だけど、他の業界にはモチベーションが必要ないとでも?
放送局では働いている人たちの気持ちは考えてあげなきゃいけないけど、他の業界は考える必要がないとでも?
ホリエモンじゃないけど、マスメディアの人たちってフジテレビ側に偏っているよ。
自分の身に降りかかってきた途端に、こんなに騒いでいる。
もひとつ…
買収されて嫌だったら、会社を辞めなさい。
そしてそのせいでニッポン放送、フジテレビに人材がいなくなったら、つぶれるだけ…
その責任は買収される事態を今まで放置していたトップの責任でしょ。




--------------
生涯学習フォーラムとしてメールマガジンを発行していましたが、ニフティとの調整がつかないため、当面は私個人のメルマガとして発行します。
購読していただいている方にお詫びいたします。
《なんか、ホントにブログのタイトルの気分だよ(-o-;)》
それでも、もし…もし、よければ購読していただければうれしいです(^^)
もちろん、ただです(^^;(当たり前か、僕の文章でお金を取ったら詐欺だよね)
[Macky!] 《生涯学習フォーラム》えふらん通信 → 「えふらん通信 」になります。
http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=flearn

| | Comments (13) | TrackBack (2)

March 18, 2005

個人情報保護法について思うこと

昔は家に鍵をかけずに出かけ歩いていた。
それでも何の不安もなかった。
それが今は…

昨今、個人情報保護法が成立した。しかし、個人情報が大切であることは、今も昔も変わりない。
「あの会社は社会的にも有名な会社だから安心だ」
「学校がおかしなことをするはずがない」

以前は道義的責任において、個人情報を企業や学校が漏洩するはずがないという前提のもとに社会が築かれていたといえる。
その前提が崩れてきたことが、昨今の個人情報保護法の成立に繋がっている。
前提として『安心であること』はもはや過去のものとなった。

個人情報保護法の成立は、社会(企業や学校など)を「安心するな」「信用するな」というメッセージでもある。
そうであるから、企業や学校は社会に対して信頼を勝ち取る仕組みづくりが必要となる。
本来、個人情報保護法、あるいプライバシーマークの認定制度とはそれを促進することが目的であろう。

顧客や取引先から…
「あそこの会社(学校)は信頼できる(しっかりしている)」
「あそこの会社(学校)に私の情報を教えても大丈夫だ」
…そういった印象を持ってもらうような仕組みを作ることが、本来求められるものであるはずだ。

しかるに現実どうであろう。
「これに署名してください。わからなくても大丈夫ですよ。信用していいですから、署名してください。」
…とわけのわからないままに署名をさせる人たち。
また、「署名していただかなければ取引できません」
…などという対応も耳にする。

すなわち、多くの企業の個人情報保護法のために作った仕組みは、会社の保身、担当者の保身のための道具に摩り替わっている。
もちろん、会社、担当者が自らの法的責任から逃れるために署名などが必要であることを否定するつもりはない。
しかし、それは顧客や取引先に対し、説明責任を果たし、理解していただいた結果としていただくものであろう。

繰り返しになるが、個人情報保護への体制作りは、社会、顧客、取引先との信頼の醸成を目指すはずのものである。
問題は仕組みづくりをしている人たちが、それを理解していないことではないか。
「私どもの会社ではこのような仕組みを作っており、安心して取引していただけます」
…そう社会にアピールするための仕組みづくりにすべきである。




--------------
生涯学習フォーラムとしてメールマガジンを発行していましたが、ニフティとの調整がつかないため、当面は私個人のメルマガとして発行します。
購読していただいている方にお詫びいたします。
《なんか、ホントにブログのタイトルの気分だよ(-o-;)》
それでも、もし…もし、よければ購読していただければうれしいです(^^)
もちろん、ただです(^^;(当たり前か、僕の文章でお金を取ったら詐欺だよね)
[Macky!] 《生涯学習フォーラム》えふらん通信 → 「えふらん通信 」になります。
http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=flearn

| | Comments (42) | TrackBack (0)

March 16, 2005

ライブドアvsフジテレビ--会社は誰のものか?

ライブドアvsフジテレビの問題は、フジテレビが1月17日にニッポン放送に対してTOBをかけ、その後ライブドアがニッポン放送株35%取得したところから始まる。
---------------
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050117-00000126-kyodo-bus_all
ニッポン放送を子会社化 公開買い付けでフジテレビ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050208-00000033-san-bus_all
ライブドア ニッポン放送株35%取得

---------------

ライブドアvsフジテレビの問題については、一度ゆっくりと書いてみたいと思っていたのだが、諸般の事情により延び延びになっていた。
その間にライブドアvsフジテレビの問題は単なるM&Aの問題から、様々な方面に波及していった。
そのため、ライブドアvsフジテレビの問題についてはいろいろな視点から見ることができる。
今回は「会社は誰のものか」という視点から書いてみようと思う。

ライブドアvsフジテレビのニッポン放送に対する支配権争いの中で、「ニッポン放送社員がライブドアの経営参画に反対」との声明を挙げただの、昨日は昨日でニッポン放送子会社のポニーキャニオンから「社員、ほぼ全員がフジ残留を希望」などという報道が流れた。
---------------
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050304-00000002-san-bus_all
「ライブドア参画反対」 ニッポン放送社員一同が声明

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050316-00000201-yom-bus_all
ポニーキャニオン社員、ほぼ全員がフジ残留を希望

---------------
経営の支配権に労働者はどのような発言力があるのか。また意味があるのか。
そもそも、労働者(労働組合)が経営に口を挟むことは認められていない。
なぜ、このようなときだけ労働者が経営に口を出し、それを経営者が認めているのか。
いや、労働者のこのような行為が、マスコミに流れていることを考えれば、間違いなく会社側が一枚噛んでいることは明白だ。
---------------
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050311-00000194-jij-biz
社員の気持ち否定され残念=地裁決定で―ニッポン放送の亀渕社長

---------------
経営者とは、なんて都合のいい人間だろう…そう考えてしまうのは私だけだろうか。

「会社は誰のものだろうか」
一般に株式会社では「所有と経営の分離」が基本にあり、株主が所有者であり、株主から依頼されて経営の専門家が会社を運営する。
そういった意味では会社は株主のものであるといえる。
ここではライブドアとフジテレビが会社の所有者に当たる。
純粋に考えれば、ニッポン放送(亀渕昭信社長)が所有者を選ぶ権利はない。
少なくとも選ぶ側ではなく、選ばれる側にあるからだ。
それが、今回のライブドアvsフジテレビでは、経営者どころか、ニッポン放送社員、その子会社のポニーキャニオン社員までが所有者について言明している。
もちろん、従業員も人間であり、それぞれ感情や価値観があることから、誰それが所有者であってもらいたいなどという希望はあるだろう。しかし、そんな話を聞く意味があるのか。
気に入らなければ辞めればいいのだから。
そのため、今回の騒動には非常に違和感を覚える。

今回の件で、フジテレビが所有権を維持するための様々な行為を責めることはできない。
また、ライブドアの行為にも問題があるとは思えない(もちろん、道義的には多くの疑問を感じるが)。
問題なのは、ニッポン放送の亀渕昭信社長の態度である。
会社の所有者がいて、それを運営する人がいる。そして運営するために必要な人間を労働者として採用する。
それが嫌であれば、株式を上場すべきではない。
上場したら、気に入らない人が買いたいといってきた。
あんたは嫌いだから売りたくない。
そして、それに従業員まで利用している。
(本人たちは利用されているとは思っていないだろうけどね。お互いの思惑が一致しただけだというだろうけどね(笑))
そういう行為をする亀渕昭信社長は、私が見た中で最低の社長である。

------------------------------
昨日、第二号のメルマガを発行しました。
しかし、ニフティとの調整がつかないため、当面は私個人のメルマガとして発行することになりました。
いろいろとムカついていることがありますが、それはいずれ…
その上で、みなさんもメルマガを購読しませんか?
もちろん、ただです(^^;(当たり前か、僕の文章でお金を取ったら詐欺だよね)
[Macky!] 《生涯学習フォーラム》えふらん通信 → 「えふらん通信 」になります。
http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=flearn

| | Comments (20) | TrackBack (0)

March 10, 2005

[迷惑メール]東京LS事務局(東京ラブストーリー)

もう頭にきた。
これから俺のところに着た迷惑メールは公開することにする。

公開することで、当該メールの宣伝になってしまわないかも考えたが、どうせ「迷惑メール」だと公開してあるものを、わざわざアクセスするやつなんて、遅かれ早かれ、引っかかるに決まっている。

あと、ここ頭にくるのは、ドメインを変えてくることなんだよねぇ(-"-;)
「info@qsvXX.com」
…XXのところは数字が入る。

■□■□■□■□■□■□
<特定電子メールの送信の適正化等に関する法律の概要>(総務省)
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/top/meiwaku.html

1 目的
一時に多数の者に対してされる特定電子メールの送信等による電子メールの送受信上の支障を防止する必要性が生じていることにかんがみ、特定電子メールの送信の適正化のための措置等を定めることにより、電子メールの利用についての良好な環境の整備を図る。

2 「特定電子メール」の定義
 その送信をすることに同意する旨の通知をした者等一定の者以外の個人に対し、電子メールの送信をする者(営利を目的とする団体及び営業を営む場合における個人に限る。以下「送信者」という。)が自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信をする電子メールをいう。

3 表示義務
特定電子メールの送信について、次の事項の表示を送信者に対し義務づける。
(1) 特定電子メールである旨
(2) 当該送信者の氏名又は名称及び住所
(3) 当該特定電子メールの送信に用いた電子メールアドレス
(4) 当該送信者の受信用の電子メールアドレス等

4 拒否者に対する送信の禁止
 送信拒否の通知をした者に対して送信者が特定電子メールの送信をすることを禁止する。

5 架空電子メールアドレスによる送信の禁止
 自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信者がプログラムを用いて作成した架空電子メールアドレスに宛てた電子メールの送信をすることを禁止する。
■□■□■□■□■□■□

…ということになっています。
下のメールは上記に触れます。
-------------------------
件名: ご安心して下さい!

昨今、無料とうたい詐欺まがいのサイトが多いですが新しく完全無料で安心の掲示板
を作りました。趣味の友達から彼氏・彼女探しにどうですか?一度お試し下さい。携
帯・PCが使えます。只今、無料会員大大募集中です。

楽しく使って無料です!

★東京ラブストーリー http://loves.qsv20.com/

《ご注意》18歳未満の方や援助交際などの利用や投稿は一切出来ません。

《当サイトから》請求や催促のメールはありません。もしあっても当サイトではあり
ません。無視するようお願いします。

《もし問題が》ありましたら申し訳ありませんがサイトの”問合せ”から管理者まで
お願い致します。

東京LS事務局
-------------------------
-------------------------
東京限定でオープンして好評だった無料掲示板サイト”東京ラブストーリー”が全国
版にてリニューアルオープンしました。相手のアドレス見放題で完全な無料。今まで
楽しめなかった方、怪しいサイトやさくらばかりでお嘆きのあなたに・・・。芸能人
やAV女優など関連の業界から広告宣伝しています。みんなで捜してみてね。あっと
ビックリ玉手箱!男性・女性も完全無料です。

東京ラブストーリー(PC・携帯両対応)
http://loves.qsv20.com/

《ご注意》18歳未満の方や援助交際などの利用や投稿は一切出来ません。
-------------------------

| | Comments (20) | TrackBack (0)

March 09, 2005

仏カルフール日本撤退

昨日に引き続き、経営に関する問題を…(^^;

@nifty:NEWS@nifty:仏カルフール日本撤退へ(共同通信)

ホントはニフティのフォーラムに関するブログなんだけど(^^;
生涯学習フォーラムでお待ちしてます(^^)/》

時間がないので簡単に。小売に関する意見はいずれゆっくりと感想を書きます。

結局、いくらグローバル化が進んでも、国による違いってのは残るんだよね(うちの師匠の受け売りだけど(^^;)。
カルフールが本国でやっている「量り売り」を持ち込んだけど、根付かなかった。
都心から離れた場所に広大な敷地で…ってのもうまくいかなかった。

日本の消費者って、買い物をレジャー化していると思うんだ(こんなこと言っている人って、別に俺だけじゃないからね)。
だから合理的に考えたお店を作ってもダメさ。

あっちの店で「だいこんが5円安かった」、こっちの店で「鯖がとっても新鮮(^^)」。
チラシを見て、店内だけじゃなく、その域内を徘徊してさ。
疲れたら、タクシーに乗ったり。
「5円安いだいこん」のためにタクシー乗るなんてバカじゃない??
だって、買い物が楽しいんだもん(^^)
「主婦は大変」、「買い物行って疲れた」、「一箇所で全部買い物が済んだらいいのに」…
その言葉を鵜呑みにはできないんだよねぇ。

安ければ買う??
…だったらコンビニはとっくにつぶれているよ(笑)

| | Comments (1076) | TrackBack (3)

March 08, 2005

ソニー人事に対する見解

いつもと違って、今日はちょっとソニーのお話(^^;
□■□■
今回のソニーのトップ人事で、久夛良木(くたらぎ)さんが降格になるようだ。
(久夛良木さんは久多良木さんと書かれてあるものもあるけど、正しくは久夛良木さんですね)
----------
nikkeibp.jpより
『ゲーム事業をはじめ、AV機器などのホームエレクトロニクスネットワークカンパニーや半導体事業を担当している久夛良木健副社長兼COOは、4月1日付で副社長兼COOから外れて、グループ役員としてゲーム事業のみを担当する。久夛良木氏は、6月22日付で取締役も退任する予定。ソニー広報担当者は「久夛良木氏の人事は担当替えであって降格ではない」』
…といっているけど、どうみたって降格人事だよねぇ(^^;
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/363296
----------
久夛良木さんはプレイステーションの生みの親で、現在ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)社長、そしてソニーの副社長を務めている。
久夛良木さんの作り上げてきたプレイステーションはソニーの戦略の中で、重要な位置づけとなり、現在ゲーム機としての『プレイステーション2』、HDD/DVDレコーダー機能を併せ持つエンタテインメントマシン『PSX』へと進化してきた。
その久夛良木さんは、2003年11月からエレクトロニクス部門を担当しており、今回その責任を取らされた格好であろう。

しかし、エレクトロニクスという分野で低下した競争力を1年そこそこで回復させることが、そもそも無理である。
本来、それはそれ以前にエレクトロニクス部門を担当していた安藤国威現社長と出井伸之会長兼グループCEOが全責任を取ってしかるべきではないか(もちろん、今回退任したわけだが)。

結局、はじめから出井さんは久夛良木さんを社長にする気はなかったのではないか。

今回社長に就任する中鉢さんは「エレクトロニクス事業のオペレーション現場をずっと歩んできた純粋のエンジニア」らしい。
彼については、今までほとんどマスコミに紹介されていないため、どのような人物かを計る物差しが僕にはない。
今回の発表の中の少ない情報から辿ると…
----------
nikkeibp.jpより
「これまでソニーは常に製品(の表の競争力の高さ)だけでメッセージを発してきたが、今後は裏の真の競争力にも光を当ててソニーの強さをさらに訴えていく」
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/biz/363443
----------
中鉢さんは「製造業に関していつも『表の競争力』と『裏の競争力』というキーワードを使って商品力を説明する」(出井)らしい。「表の競争力」とはデザインや性能、価格、アフターサービスなどを指し、「裏の競争力」とは歩留まりの高低や生産性の優劣、コスト競争力、サプライチェーンなどを指す。そして、中鉢さんは「裏の競争力」に力を注ぐようだ。
はたして、彼が言うところの「表の競争力」に強い優位性を持つソニーが、「裏の競争力」重視に方向転換することができるのだろうか。

創造性と効率性は互いに対立するものである(端的に言うと、創造性には投資が付き物であるし、効率性はいかにコストを削減するかである)。
「表の競争力」とは創造性のことであろうし、「裏の競争力」とは効率性の問題である。
ソニーはこれからどこに向かおうとしているのか…

久夛良木さんの降格は様々な見方ができる。
出井さんに平気で物言いをする人物だったとか、研究畑出で大企業をコントロールするには不向きだとか、タイミング(運)がわるかった(なかった)…
僕は久夛良木さんの降格の理由が、「運がなかった」からであって欲しい。
ソニーは実績がある人を排除するような企業ではないと信じたい。

久夛良木さんはSCEを立ち上げ、近年でもっともソニーらしい製品を作った人物であろう。
そして、久夛良木さんは、まだ五十代半ばのはず。
僕の個人的な希望として、できることなら、ソニーを飛び出して新たな道を探して欲しい。

| | Comments (50) | TrackBack (1)

March 07, 2005

『喫茶ぷらたなす』へようこそ(^^)/

先週末から飲み会が立て続けに入っている(^^;
もう年だから、つらいにゃあ(笑)

おかげで生涯学習フォーラムが、せっかくWEBにオープンしたのにRT(チャット)を一度もやっていない。
「オープン記念チャット」をそろそろやりたいなぁf(^^;
今週末も飲み会が入っているし…平日なら空いているんだけどな。
(…誘っているんだけど、誰かやらない(^^;)

オープンして、だんだんとお客さんが増え始めた。
マスターをしている喫茶ぷらたなす(フリートーク)に以前のTTYの会員も遊びに来てくれてうれしい(*^-^*)
たくさん、遊んでいってくださいね。
一応、参加ルール(?)は喫茶だから、飲み物か軽食を頼むことかな(笑)
「エスプレッソをマグカップで」が人気メニュー(^O^)
そんなの普通の喫茶店じゃないよぉ…

フリートークはその名の通り、基本的に何の話題でもOKです。
今日の出来事、頭に来たこと、なんでもOKです。
ぜひぜひ、遊びに来てくださいね。

もちろん、生涯学習フォーラムという名前のフォーラムですから、メインの掲示板はフリートークではありません。
でも、「生涯学習ってなに?」って人は、フリートークから参加してみたらいかがですか?

| | Comments (2076) | TrackBack (0)

March 03, 2005

3月1日リニューアルオープン!(^^)/

生涯学習フォーラムがオープンしました。
それに伴って、メールマガジンも発行することができました。
ありがとうございます。

ここ数日は本当に忙しかったことをご理解ください。
------------------
…といいながら、以降前日の2月28日の11時頃から3月1日の2時くらいまで、RT(チャット)やら床の会議室やらで、昔懐かしい方々と久しぶりに遊ばせてもらいました。
何年かぶりにフォーラムを跨いだ書き込み合戦も繰り広げさせていただき、フォーラムの皆様にはご迷惑をおかけしたかも…f(^^;
とどだすさん、えださん、みかんさん、久しぶりに楽しかったです。
------------------

ほとんどのフォーラムでTTYはR/O、あるいは閉鎖になってきて、TTYで遊ぶ場所は限られてきています。
残り少ない期間ですが、まだ遊ばせてくれるTTYフォーラムにお邪魔するかと思いますが、そのときは邪険にしないで暖かく迎えてやってください(^^;

さて、生涯学習フォーラムは過去のパソコン通信上に十数年、存在していたとはいえ、WEB上では新参者です。
みなさまのご支援がなければ、他の消えていくフォーラムと同様に生涯学習フォーラムも消えていくことでしょう。
なにとぞ、みなさまの温かいご支援、よろしくお願いします。
(ちなみに、ご支援とはフォーラムに遊びに来て、なんか書いていくことですf(^^;)

一応、このブログはメールマガジンの発行までを追いかけるブログでした。
そのため、メールマガジンが創刊した時点で、このブログの存在意義はなくなります。
しかし、ここ何日か、ブログが更新されていないにもかかわらず、アクセスされているようです。
そのため、少しだけ…ときどき…しばしば…更新していこうかな(^^;と思っています。

そうそう、NIE(Newspaper In Education)の部屋では、今話題の「ライブドアvsフジテレビ」が議論されています。
あと、雑学の広場ではコネタを募集しております(^^;
ちなみに僕のコネタは「39へぇ」でした(ToT)

ぜひぜひ遊びに来てくださいね(^_-)

| | Comments (17) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »