« June 2005 | Main | September 2005 »

August 23, 2005

規律(駒苫の暴力事件から)

誤解を恐れずに書いてみよう。

学校は子供たちにどうやって規律を教えればよいのか…
先生をやっている人ならば口で言ってもわからない学生がいることは知っている。
手を上げることが暴力ならば、キツイ言い方をするのは暴言である。
いずれもマスコミ、警察、教育委員会に伝わると処分となるのだろう。
世論を含め、マスコミは先生の暴力、暴言を非難する。

ならば、どのように口で言ってわからない学生を指導すればよいのか。
「何度も何度も繰り返し話して聞かせれば誰にでも伝わる」…
奇麗事である。これは誰がなんと言おうと奇麗事である。
そんな学生ばかりではない。

規律を守れないから退学させようか…
それもきっと学校の横暴だというのだろうね…

いつもいつも、こういう事件が起きると思うことは、「暴力はいけない」…だけ。
ではどうすれば、そういう学生たちを指導していけばいいのか…
できれば『いけない』ではなく、『こうすればいいのでは?』という建設的な議論が起きて欲しい。

今日は駒苫の暴力事件についての感想を書いてみたのだが、余談でもうひとつ。
今回の件で、対象となった学生は駒苫にいれなくなるだろうね。
ってか、もし優勝旗返還となったら、苫小牧、もしかすると北海道にも…
その学生はこれからずっと心に傷を負って生きていくのだろうか。
親ならばこのように大っぴらにさせない方法を考えるべきではないかな。
なんでも公表することが正しいことだとは思わないんだけどな。

誤解しないで読んでくれたらうれしいんだけど。
僕は暴力を肯定してはいません。
その部長さんのやりすぎは認めています。

--------
駒大苫小牧・野球部長が部員に暴力
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050823-00000000-spn-spo

| | Comments (6) | TrackBack (1)

« June 2005 | Main | September 2005 »